ファイル送信|pcの破損から大事なデータを守るには復旧作業が必要

pcの破損から大事なデータを守るには復旧作業が必要

ファイル送信

PC

ファイル送信

データ送信を行なうには、さまざまな方法があります。データが小さい場合は、メール添付が出来ます。メール添付できないような大容量データの場合は、CD-ROMやDVD-ROMまたはUSBメモリなどに記録した上でそのもの自体を送るという方法があります。メール添付の場合は、即座に相手に届くという利点があります。CD-ROM等の物理メモリの場合では、即座には届かないものの、相当大容量でも何とか送付することが出来るという点が今まで利用されてきた理由です。最近では、データ送信を専門に行なう会社に依頼するということが出来ます。データ送信会社と契約することで、メール添付のように即座にかつ、物理メモリのように大容量の送信が出来ます。

ファイル送信のこれから

データ送信会社に依頼することの最大の利点は、セキュリティが守られるという点にあります。メール添付の場合は、送信側受信側双方のインターネットプロバイダを経由してデータ送信がなされます。送信途中で第三者のアクセスを許す可能性があるという点で、企業同士でやり取りするにはセキュリティ上危険を伴ないます。もちろん、データをZIP化し暗号をかける方法もありますが、解読のおそれもあります。また、物理メモリの送付についても郵送途中の危険性や迅速性という点で問題があります。データ送信会社では、専門業者だけありセキュリティには、万全の体制をとっています。暗号化技術についても、一段レベルの高い秘匿性を確保しています。

Copyright © 2017 pcの破損から大事なデータを守るには復旧作業が必要 All Rights Reserved.